源右衛門野盃買取りました

■骨董品買取で福岡市西区へ出かけました。掛軸、茶道具、着物や家具などを査定買取して車に積み込み

替える際に贈答品が沢山あるとの事で倉庫を拝見いたしました。そこには約30年ほど前からある贈答品や引出物の数々、

その中には写真の源右衛門や柿右衛門、今右衛門や唐津の太郎右衛門、井上萬二や中島宏などの人間国宝の作品が

あります。

少し時間を頂き査定しながら相場や価値、値段、時代背景などをお客さんと話しながら買取も全てさせて頂きました。

源右衛門とはヨーロッパを探訪した六代・舘林源右衛門(1927-1989年)が、現地で本物の「輸出伊万里」の美を再発見しました。先人陶工達の技と情熱に深く感動し、現代の暮らしにフィットする源右衛門窯様式の「古伊万里」として新しい生命を吹き込み、みごとに復興させたのです。源右衛門窯では、本物の「古伊万里」を創った江戸陶工の精神の高みと手技、そして六代・源右衛門の遺志をしっかりと受け継ぎ、日常食器からインテリア・工芸品そしてハンガリーの名窯ヘレンドとのコラボレーションや、磁製万華鏡、磁製万年筆なども作っている窯元です。そんな源右衛門を買取りたします。お気軽にお問い合わせください。骨董品買取の福岡玄燈舎。

受付年中無休 電話050−3569−2100

スポンサーサイト

コメント